携帯電話会社のキャリア決済サービスを利用したお金を作るテクニックをご紹介

携帯キャリア決済現金化を細かく解説

今記事では、携帯電話キャリア決済を利用して、電子ギフトカードを換金取引するやり方をご紹介します。

俗にいう「携帯キャリア現金化」です。

携帯キャリア決済の流れ

携帯キャリア決済を活用して換金するには以下の方法が最も割がいいです。

  1. 携帯キャリア決済で電子ギフトカードを購入
  2. 買取サイトにギフトカードを売却

携帯キャリア決済は、利用月の翌月携帯電話使用料金と共に支払う後払いサービスですので、今スグお金が必要だけど心当たりがなくても大丈夫です。

各キャリアの携帯決済の枠

携帯キャリアは主に3つのメガ通信会社が提供しています。

  • DoCoMo
  • au
  • SoftBank

キャリア決済は、その人の利用状況や環境によって個別に枠が設定されます。

ドコモの携帯キャリア決済の限度額

docomoまとめ払い枠

DoCoMoの携帯キャリア決済、DoCoMo払いは月に10万円までの利用額上限です。

2018年3月までは、限度が、5万円まで、または、契約年数によって利用額上限が設定されていました。

docomo携帯の利用状況により利用可能な限度額に個人差がありましたが最大で一律10万円までの枠になりました。

AUの携帯決済の限度額

AUかんたん決済利用額上限

AUの携帯キャリア決済、AUかんたん決済は月々、最高で、10万円の限度額となっています。

Docomo同様、ご利用状況により、枠は個人で異なりますがマックスで、10万円まで枠を利用出来る可能性ががあります。

ソフトバンクの携帯決済の限度額

ソフトバンク携帯キャリア決済利用上限

ソフトバンクの携帯決済、softbankまとめて支払いは、月に最大で10万円まで限度額があります。

SoftBank以外にも、Y!モバイルがソフトバンクまとめて支払いを利用する事が出来ます。

限度は10万円までご使用可能ですが、携帯のご利用状況によって、枠は変わります。

携帯キャリア決済で現金化取引を行う時はこれまでのアマゾンギフトカードからiTunesギフトカードを利用する様になりました。

しかし、アマギフのほうが、アイチューンズカードよりも換金率が非常に高く設定されています。

可能であれば、携帯決済でアマゾンギフトカードを獲得して換金取引したいですよね。

携帯決済を活用して90%以上で現金化する換金手段

携帯決済を使って90%以上で現金化する方法は各携帯会社で発行している、「プリペイドカード」を活用する事です。

各携帯会社で発行されている電子プリペイド券を利用してamazonギフト券を取得すれば、90%以上での現金化取引が可能となります。

各携帯会社では、実はプリペイドカードを制作しています。

  • DOCOMOだと「dカード プリペイド」
  • auだと「au WALLET」
  • SOFT BANKだと「SoftBankカード」

ご自身が使用している携帯会社で発行されている、どれかのプリペイドカードを使用すれば、90%以上で現金化取引が可能です。

携帯各社が発行しているプリペイドカードは、チャージ式のデビットカードに近い性能を持ったカードです。

各々のカードは、あらかじめ現金をチャージする事で商品の決済ができる様になるんです。

このカードでアマゾンギフトカードを獲得すれば90%以上の換金も可能です。

携帯キャリア決済 まとめ

今回執筆する記事では携帯キャリア決済の仕組みと現金化取引を行う場合のお得な換金テクニックを説明しました。緊急の資金調達の手段としてはありがたいですね。

プリペイドカードを選択する手段はすごく便利で役に立つものです。

なるべく高い現金化取引を実現するためには、高価売買が出来る買取サイトを使用して堅実な換金を実現して下さい。

安全で安心な携帯キャリア決済現金化が出来るでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)